情報発信(ブログ、ツイッター、youtubeなど)で大切な1つのコト

Facebookもそうですが、情報発信に目的があるとしたら、

それはファンや仲間を作ることです。

そして、情報発信で

 

みんなが陥ってしまいがちな罠があります。


それは、自分を良く見せたいために、


ロジック(理論)的に正しいことを発信して、


自分を出さないことです。

 

 


僕もそうなりがちなので、なるべく「役に立つ」か


「面白い(さらけ出す)」をするようにしています。

 

簡単にいうと、のび太くんと出木杉くんは

どっちのファンが多いかということです。

なんでも完璧にできる出木杉くんより

失敗しても前に進もうとするのび太くんの方が

共感が持てないでしょうか?

 

 

 

情報発信をする時に、

 

つい「出木杉くん」になってしまいがちです。

「良く見せたい」と思う側面だけ出してしまいがちです。

「嫌われる勇気」を持つと

 

「のび太くん」でいることが

できるかもしれません。

 

 

 

大切なコトは「自分を文章や、動画の中に登場させる」

ということです。

 

僕の経験上、

 

なんだかんだ言って結局やりたいようにやるのが

一番楽しいと思ってます。

世間体とか一般常識というロジックには従えません。

いや経験上ではなく、生まれつきかもしれません。

保育園ぐらいの頃から、一般常識が苦手です。

人生を楽しむ2つの〇〇とは?

芸人は職業ではなく、生き方であるように、

 

コーチも職業ではなく、生き方です。

そして、楽しく生きる方法を伝授する、

 

「教える」人でもあります。

 

「コーチ」の枠にとらわれてしまう人は、

コーチを職業として考えてしまいがちです。

 

 

 

現代人はロジック(理論)に囚われがちです。

 

「何かがしたい」と思う気持ち(感情)をロジックに当てはめて

 

正しいかどうか検証するのは良くないです。

 

目的が感情(何かがしたい)で、

 

手段がロジックであるのが理想です。

 

例えば、「人の人生を楽しく導いて、

 

教える人になりたい」が感情で、

 

手段としてコーチになるというものです。

 

「コーチの資格を取れば稼げる」

 

というロジックが先に来ると、

 

稼げなかったりします。

これは「資格」全てに言えることかもしれません。

「弁護士になれば、医者になれば、TOEICを取れば」

 

と続くかもしれません。

 

稼ぎたいのであれば「ビジネス」を学ぶことをオススメします。

 

そしてビジネスは、総合力でもあり、1点集中でもあります。

矛盾しているようですが、掛け算で考えるとわかりやすいです。

 

Xコミュニケーション x

 

Y知識量 

 

 

 

100の知識量を持っていれば、

 

コミュニケーションが1でも、100が出ます。

 

コミュニケーションが2なら、200が出ます。

 

 

 

ちなみに「稼ぐ」のも手段にすぎません。

 

稼いだお金で何かをしたい「目的」があるはずです。

 

または、「稼ぐ過程」自体が目的なら楽しそうですね。

 

山登りの「登頂」だけが楽しいのではなく、

 

「試行錯誤して登っている最中が実は楽しい」みたいな。

 

 

 

スキーに行く時によく思うのですが、

 

滑ってる最中だけでなく、行く前の道具の準備から、

 

帰りの温泉まで、

 

トータルで楽しいんですよねー。

 

 

 

ここで大切なのは「スキーに行く」という目的と、

 

「誰と行くか?」という仲間です。

 

「目的」と

 

その「目的が擦り合う人々」

 

ということですね。

目標達成がなかなかできない時、スランプから抜け出す方法。〇〇のパターンから抜け出す

目標があってもなかなか達成できない
 
という人は多いのではないでしょうか?
 
 
 
どうすれば、少しでも目標に近づいていくことができるのでしょう?
 
人は何かにチャレンジして、できないという時、
 
自分でも気がつかないうちに
 
やってしまっていることがあります。
 
 
 
それはできないパターンを繰り返すということです。
 
冷静に考えると、何かをやってできない時は、
 
やり方を変えてできるようにすればいい
 
とすぐにひらめくのですが、
 
必死になっている時は
 
おもわずできないパターンを繰り返します。
 
 
 
例えば、美容室を経営して売り上げが下がってきた時に、
 
どうにかして宣伝しようと広告を出したりしても
 
効果がなかったとします。
 
そして、その効果がないパターンを
 
繰り返してしまうことがあります。
 
 
 
この時、すでにできている人を真似することが大切です。
 
モデリングと言います。
 
例えば、集客に成功している美容室の経営者に
 
どうやって集客しているか聞いてみることです。
 
 
 
また、自分がいる美容室というカテゴリーから抜け出すのも、
 
一つの手かもしれません。
 
美容室というのは大枠のカテゴリーで考えると、
 
美容に関することなので髪の毛を切ることだけではありません。
 
テレビで見たのですが、
 
モテヘアーを提案する美容師が大ブームになっていました。
 
この美容師は、美容になった結果、
 
もてたい人がいるのではないかと考えて、
 
カットの前にカウンセリングでその人の性格を分析して、
 
それに合った髪形を提案することで、
 
モテるための要素に近づけるということをしていました。
 
 
 
この方法はまさに美容室というカテゴリーから
 
一度抜け出して、美容というものが何なのか、
 
またさらに上の視点で美容がなぜ必要なのか
 
と考えることで大成功したパターンです。
 
 
 
この美容師は心理学を少し勉強しただけで、
 
何も設備投資がかからずに
 
顧客を増やすことに成功しました。
 
さらにテレビに出演して、あっという間に成功者になりました。
 
 
 
話を戻しますが、モデリングというのは
 
自分が達成したい目標をすでに達成している人に直接聞くため、
 
無駄な回り道をしなくてもいいということです。
 
自分で手探りで、暗闇の中を模索すると時間がかかってしまいます。
 
すでにその道を経験してきた人は、
 
最短距離でアドバイスをすることができるでしょう。
 
 
 
 
 
 

売り上げを上げるために絶対必須の2つの要素とは

どういった場合に売り上げを上げることができるのでしょうか?
 
売り上げを上げるのに必要なのは、
 
  • 集客 x 営業(教育)
です。
 
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991
 
では集客の要素から掘り下げていってみましょう。
 
 
 
集客には4つの方法があります。
 
  1. 1. 自分で集客する

2. 人に集客してもらう

3. すでに人が集まっているところに行く

4. 集客を自動化する

 
セミナーであっても、オンライン情報ビジネスであっても
 
集客は欠かせません。
 
自分で集客するという方法があります。
 
メディアに露出したとか、
 
すでに名前が売れている場合は集めやすいかもしれません。
 
将来的には自分というものをブランド化して、
 
自分の名前で集客できると良いです。
 
 
 
人に集客してもらう場合、
 
その人にとっても利益があるようにします。
 
例えば、5000円でセミナーを開くなら、
 
半分の2500円は集客してくれ人に支払うことを考えると、
 
集客してくれる人にとっても利益になるでしょう。
 
 
 
すでに人が集まっているところに行くというのは、
 
人はすでにあるカテゴリーの中に集まってきます。
 
心理学セミナーに行くと、
 
心理学に興味がある人がたくさん集まっています。
 
自分が商品を持っている場合、
 
その人たちに声をかけて仲良くなって
 
同じカテゴリーの商品を売っていくと売れやすいです。
 
 
 
集客を自動化するのは、
 
インターネットを使いツイッターなどを
 
自動化することができます。
 
また、Youtubeなどに動画として撮影しておくと、
 
その動画を見た人がファンになってくれて、
 
商品販売やメルマガ登録のランディングページに
 
誘導することができます。
 
 
 
営業に関しては
 
なぜそれが顧客にとって大切かを教育する過程です。
 
 
 
これもリアルであれば
 
セミナー中に教育することができます。
 
また、インターネットであっても、
 
メルマガやYoutubeで教育することができます。
 
 
 
いずれにしても、人は感情で物を買いますので、
 
感情を揺さぶる必要があります。
 
 
 
そこで大切なのが心理学のテクニックになります。
 
私はNLP心理学という、
 
無意識に特化した心理学の講師をやっています。
 
 
 
興味のある方は無料メルマガにご登録ください。
 
心理学に関しても、一部触れていきます。
 
 
 
すべてのビジネスは数値化できます。
 
次に売り上げを上げるために必要な要素は
 
  • 単価 X 数量
です。
 
 
 
いくらのものをいくつ売ったかです。
 
薄利多売のルートを持っていたり、
 
広告費にかける資金を持っている場合は
 
数量を増やすことができます。
 
 
 
しかし、そうでない場合は、
 
商品の単価を上げる必要があります。
 
 
商品の単価を上げたほうが、
 
個人で始めるビジネスとして簡単です。
 
 
 
しかし、単価を上げる場合は顧客が「高い!」
 
と思ってしまします。
 
 
 
そこで、単価の高い商品を売るときに、
 
顧客の思っている価値より高い価値を提供すれば、解決します。
 
ここでもまた、顧客の心を揺さぶる必要があります。
 
詳しくはメルマガ(無料)で説明していますので
 
ご登録に、具体的なノウハウをマスターして、
 
一生もののスキルにしてください。
 
 
 
何を売るにしても、人に対して売りますので、
 
常に人の心を理解する必要があります。
 
 
 
つまり、心理学を勉強していると、
 
どのような場面でも役立てることができます。
 
 
 
ノマド的に考えると、コンピューターで人と触れ合うので、
 
実際に人の目に触れるのはブログやYoutubeなどになります。
 
または商品販売ページになります。
 
そこで、他の人の世界が何でできているかを
 
知ることでより稼げるようになります。
 
 
 
人の世界は言語でできてきます。
 
言語はブログなどの文章もそうですし、
 
実際にセミナーで人と話すことも言語になります。
 
Youtubeも言語的情報と非言語的な見た目や音(声など)
 
の要素でできています。
 
 
 
心理学というと難しそうに思いますが、
 
そんなことはありません。
 
特に、NLP心理学では体感や体験をして
 
理解することができるので、
 
より簡単にマスターすることができます。
 
例えて言うなら、自転車の乗り方を説明書でマスターするのではなく、
 
実際に乗ってみて運転できるようになる
 
といったところでしょうか。
 
 
 
このようにして、心理学は経営学や儲けるための
 
人の心の動かし方と深く関わっています。
 
 
 
また、自分がノマド自由人になるというのは、
 
目標を設定して、それを達成するということです。
 
自分の心をコントロールすることで
 
目標達成をすることができます。
 
次回は目標達成の心理学的要素を解説していきます。
 
趣味7、仕事3のライフスタイルを目指すWebキャンパー式無料メール講座