情報発信(ブログ、ツイッター、youtubeなど)で大切な1つのコト

Facebookもそうですが、情報発信に目的があるとしたら、

それはファンや仲間を作ることです。

そして、情報発信で

 

みんなが陥ってしまいがちな罠があります。


それは、自分を良く見せたいために、


ロジック(理論)的に正しいことを発信して、


自分を出さないことです。

 

 


僕もそうなりがちなので、なるべく「役に立つ」か


「面白い(さらけ出す)」をするようにしています。

 

簡単にいうと、のび太くんと出木杉くんは

どっちのファンが多いかということです。

なんでも完璧にできる出木杉くんより

失敗しても前に進もうとするのび太くんの方が

共感が持てないでしょうか?

 

 

 

情報発信をする時に、

 

つい「出木杉くん」になってしまいがちです。

「良く見せたい」と思う側面だけ出してしまいがちです。

「嫌われる勇気」を持つと

 

「のび太くん」でいることが

できるかもしれません。

 

 

 

大切なコトは「自分を文章や、動画の中に登場させる」

ということです。

 

僕の経験上、

 

なんだかんだ言って結局やりたいようにやるのが

一番楽しいと思ってます。

世間体とか一般常識というロジックには従えません。

いや経験上ではなく、生まれつきかもしれません。

保育園ぐらいの頃から、一般常識が苦手です。

人生を楽しむ2つの〇〇とは?

芸人は職業ではなく、生き方であるように、

 

コーチも職業ではなく、生き方です。

そして、楽しく生きる方法を伝授する、

 

「教える」人でもあります。

 

「コーチ」の枠にとらわれてしまう人は、

コーチを職業として考えてしまいがちです。

 

 

 

現代人はロジック(理論)に囚われがちです。

 

「何かがしたい」と思う気持ち(感情)をロジックに当てはめて

 

正しいかどうか検証するのは良くないです。

 

目的が感情(何かがしたい)で、

 

手段がロジックであるのが理想です。

 

例えば、「人の人生を楽しく導いて、

 

教える人になりたい」が感情で、

 

手段としてコーチになるというものです。

 

「コーチの資格を取れば稼げる」

 

というロジックが先に来ると、

 

稼げなかったりします。

これは「資格」全てに言えることかもしれません。

「弁護士になれば、医者になれば、TOEICを取れば」

 

と続くかもしれません。

 

稼ぎたいのであれば「ビジネス」を学ぶことをオススメします。

 

そしてビジネスは、総合力でもあり、1点集中でもあります。

矛盾しているようですが、掛け算で考えるとわかりやすいです。

 

Xコミュニケーション x

 

Y知識量 

 

 

 

100の知識量を持っていれば、

 

コミュニケーションが1でも、100が出ます。

 

コミュニケーションが2なら、200が出ます。

 

 

 

ちなみに「稼ぐ」のも手段にすぎません。

 

稼いだお金で何かをしたい「目的」があるはずです。

 

または、「稼ぐ過程」自体が目的なら楽しそうですね。

 

山登りの「登頂」だけが楽しいのではなく、

 

「試行錯誤して登っている最中が実は楽しい」みたいな。

 

 

 

スキーに行く時によく思うのですが、

 

滑ってる最中だけでなく、行く前の道具の準備から、

 

帰りの温泉まで、

 

トータルで楽しいんですよねー。

 

 

 

ここで大切なのは「スキーに行く」という目的と、

 

「誰と行くか?」という仲間です。

 

「目的」と

 

その「目的が擦り合う人々」

 

ということですね。

保護中: ツイッターボットの使い方

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。