労働から解放されてノマドになる方法【経営学】

時間や場所にとらわれずに、
 
自由に遊べるノマドになるにはどうすればいいのでしょうか?
 
どこから手をつけたらいいのでしょうか?
 
 
 
金持ち父さん、貧乏父さんという本をご存知でしょうか?
 
労働には4つのカテゴリーがあります。
%e9%87%91%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%88%b6%e3%81%95%e3%82%93
真ん中の線から左側は自力です。
 
時間的な限界と生産性の限界があります。
 
例えば、サラリーマンは時間を切り売りして働いた分しかお金がもらえません。
 
 
 
フリーランスや個人事業主も生産個数や時間的な限界があります。
 
例えば、ラーメン屋さんを経営していたら、
 
一人で作れるラーメンの個数と1日の労働時間が限られてきます。
 
 
 
コツは左側の自力カテゴリーから
 
右側の他力カテゴリーに移動することです。
 
ではどうやって移動すればいいのでしょうか?
 
 
 
まず左下の個人事業主、
 
フリーランスのカテゴリーでお金が稼げるように仕組みを作ります。
 
ここで大切なのは再現性の高い仕組みを作ります。
 
再現性とは誰がやっても
 
その方法でやれば上手くいくというものです。
 
例えば一度美味しい売れるラーメンを開発すれば、
 
それは誰が作ってもレシピ通りに作れば、
 
美味しいラーメンが作れます。
 
 
 
再現性が高いものは、
 
人柄というものに頼らないものが多いです。
 
誰であっても、指示通りにやれば
 
同じものができるというのが大切です。
 
 
 
次はその稼げるスキルを人に教えます。
 
教えるという行為をすると、
 
稼げるスキルを人々にコピーできます。
 
こうなるとビジネスが自動的に回り始めます。
 
例えば、美味しい売れるラーメンを開発して、
 
その作り方を3人に教えます。
 
この3人がお店で働いてくれると、
 
自分がいなくても自動的にラーメン屋が回ることになります。
 
 
 
そして、3人でラーメンを作っているため、
 
一人のとき良い多くのラーメンが作れ、
 
また、自分は時間的な余裕が生まれます。
 
 
 
そして、自分はお店を経営するスキルを身につけるために時間を使います。
 
お店を経営するスキルが体系化できた頃に、
 
3人の従業員に別の地域で経営できるように、
 
経営スキルを教えます。
 
 
 
すると3人が3店舗を回せるようになります。
 
このようにすると、どんどんとお金が回り、
 
そのお金を投資に回すことができます。
 
 
 
ではこの教えるということはなぜ大切なのでしょうか?
 
ラーメン屋ではなく、
 
この考え方を情報ビジネスに取り入れて、
 
ノマドになるためにはどうすればいいのでしょうか?
 
 
 
具体的な方法はメルマガ内で紹介していきます。
 
自分のやりたいことができる
 
趣味7、仕事3のライフスタイルを目指すWebキャンパー式無料メール講座

投稿者:

Webキャンパートモ

ロンドンでゲストハウスをやってました。カナダと合わせて海外歴8年。週末キャンパーという会社員ライフに不自由さを感じノマドワークスタイルへ。カナダ|ロンドン|英語|スノボー|アウトドア|旅|フェス|留学|釣り|自転車|心理学|共通点ある人はフォローミー!MacBook1台で稼ぐWebキャンパー無料メール講座やってます▼ http://tomo001.com/lp2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です